ドローンの実用例はどういうものがあるのか?

ドローンもインターネットと同様に軍事目的から発展してきた技術なわけですが、素人でも安定した飛行ができやすくなったことや個人が購入できるほどに価格が下がったことなどによって民間でも使用されるケースが増加しているということがあります。

実際にどういう用途で利用されようとしているのでしょうか。

ドローンなら空から撮影をするということが容易にできる

仮に空撮を行うとなるとヘリコプターなどを使用して大きなスケールで行われたわけですが、ドローンにカメラを取り付けることによってコストを抑えた状態でもできるようになっています。

ドローンなら空から撮影をするということが容易にできる

画質にこだわらないのであれば1万円を切るような機体であっても空撮を楽しむことができます。

個人で利用をするものであってもカメラが搭載しているものも増えてきていますし、それが安価で購入できるというのは大きいことでしょう。

ヘリコプターに比べると期待が小さいので危険な場所や人が入ることができない場所であっても動画を通してどういう状況なのかというのが分かりやすくなります。

いろいろと便利な使い方であることは認めるところではありますが、他人へのプライバシーへの問題などいろいろと考えなければいけないことは多いのではないでしょうか。

ドローンは初期の頃から農業の現場で活躍している

農業への応用についてはドローンが農薬散布をしているということについては知っているかもしれません。

ドローンは初期の頃から農業の現場で活躍している

広大な田畑になると人が背中に農薬をまいて歩くということができませんし、何日もかかってしまいます。

昔はヘリコプターによる農薬散布が行われていましたが、関係ない範囲まで広範囲に飛び散る可能性があるため、住民による反対を受けることが多いです。そこで機体が小さいものが散布をするとなるとそんなに広範囲に飛散するということは少ないでしょう。

さらに応用例は進んでおり、カメラやセンサーから手に入れたデータを使って生産管理を行うというところまで進んでいます。つまり、ITを使って生産管理を行うということです。今後の農業の発展を担っている技術であることは間違いないのではないでしょうか。

ドローンを趣味やスポーツとして飛行を楽しむ

ラジコンカーも競技大会が開催されているわけですが、今後はドローンであってもそういう競技大会が行われる可能性があります。

ドローンを趣味やスポーツとして飛行を楽しむ

海外では実際にそういうレースが行われているわけですが、日本では電波や飛ばす場所の関係でなかなかレースが開催されないという背景があります。

現に行われていた場所は何も障害物がない海上でした。今後はそういうことをクリアするような形でスポーツとして期待を飛ばすということが可能になる可能性があるでしょう。

日本ではなかなか飛ばす場所の問題でなかなか趣味であっても場所がないということがあります。場所がないということであれば、お金を払って練習場で飛ばすということになってきます。

危険や迷惑にならないような場所で飛ばすことができて、レースとして定着することができれば個人の利用に関してさらに可能性が出てきます。

上空を直線距離で飛ばすので配送に活用するドローン

まだ実用化に至っているわけではありませんが、今後の実用例として話題になっているのが配送関係です。

宅配業者は人材不足が叫ばれており、なかなか配達が思い通りに行かないということもありますが、空を飛ぶことができるような機体をうまい具合に活用をすれば、渋滞に巻き込まれることはありませんし、短い時間で配達を完了することができます。

たくさんの荷物を配達することができるために、非常に効率よく運ぶことが可能です。

そうは言ってもまだまだクリアしなければいけない問題はたくさんあるという側面があります。一番懸念されていることとしては受け取る人が本人であるのかどうかをどうやって確認するのかということです。

配送している間に盗難に遭うという可能性だってあり得ます。まだまだ実用化に向けて検討している段階であることは言えるでしょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.